代表プロフィール

 ◆ずっと抱えていた「繋がらない感覚」から
  心から安心できる自分自身へ

個人向けセッションや子育て講座のお陰で
6年間 : 約300名の方にお逢いしてきました。

その中で得られた「伝えたい」こととは?

 ◆自分の氣もちが‟一番”大事!!

 ◆自分の氣もちで行動すれば上手くいく!

1.「自分らしさが分からなかった」

わたしは、帰国子女。5-8歳の幼少期、NYで育ちました。
アメリカでは、自分を表現する楽しさを覚えた天真爛漫な女の子。
その楽しい日々は、日本に移動した途端、一変しました。

文化の適応に悩まされ、何かが違う体験ばかり。
そして、いろんな努力をしてみました。

しかしながら、物を言えば怒られ、自分らしさをどんどん失っていきました。
人に合わせることで必死でした。

そして、日常生活がしっくりいかないな~、と感じていた子ども時代でした。

高校時代、大学時代。就職、結婚。
人は、大きくなって成長するにしたがい、誰しも人生の選択に迫られます。
岐路に立たせられると、何がしたいのか分からない。

わたしは、取りあえず、目の前にあることは、何でもチャレンジしてきました。

が、「結果に結びつかない」という空虚感だけが浮き彫りになっていきました。
そして、そうこうするうちに、何がしたいのか分からくなっていきました。

2.大切な人を亡くして、向き合う時間

そんな時、兄の死と直面したことにより、
 “生きるとは、何か?”
 “人の強さとは、何か?”
という命題にぶち当たりました。

心理学を勉強することで、自分がずっと抱えていた
「繋がらない感覚」を研究していったのです。

そして、大学院を修了するころには、
人の強さには、“家族の絆”が大事である、
ということを理解できるようになりました。。

とてもシンプルな答えです!

3.家族という居場所

人は、家族の中で生きて、子ども時代を学びます。

そして、それを軸に人生を楽しんでいけます。

この明快なロジックは、わたしの人生を楽にしてくれました。
そして、子育てで必要な自分の氣もちも分かるようになりました。

それ以後、氣もちや感情を扱うことの大切さが
学べる子育て講座「ACTすこやか子育て講座」に出逢い、講座を実践。

個人セッションも含めると、
6年間:約300人の方にお逢いしてきました。

子育て講座では60%の方が、自分の氣もちに気付き「涙」をされます。
感情と向き合う素晴らしさがそこにはあります。

子育てをするお母さんが、自分の「感情」を理解することで、
自分に自信がもてるようになるのです。

 「家族の絆を強くすること」
 「自分の感情と上手く付き合えること」

この2つは、人生をよりよく、より楽しく歩んでいくために、
誰にとっても必要なエッセンスです!

 自分が愛おしくなるプロセスを得て、
 「家族の絆」は、ますます強くなります。

4.自分と家族のために行動する

◆人生は自分を愛することで拡がっていく

◆子育てする自分がさらに楽になる

家族で生きることが、楽しくて仕方ない自分

次はあなたの番です。

育ちネット多文化CROSSのACT講座

家族がいるから自分がいる!自分がいるから家族も成り立つ!
という人生を多くの人に噛みしめてもらいたい。

当たり前であって、
当たり前だけでは、得られない家族の絆。

それでも、自分の人生は家族と共にあるんですよね~☆彡

皆さんと家族と自分の幸せを掴んでいきたいと思います。

無料体験講座を随時行っております。

自分はどこから始めたらいいのか
お一人お一人一緒に考えて決めていきましょう!!