CROSS代表プロフィール

◆ずっと抱えていた「繋がらない感覚」から安心

個人向けセッションや子育て講座のお陰で
6年間 : 約300名の方にお逢いしてきました。
その中で得られた「伝えたい」こととは?

 ◆自分の氣もちが‟一番”大事

 ◆自分の氣もちが分かることが先決。

1.「自分らしさが分からなかった」

わたしは帰国子女です。5-8歳の幼少期、NYで育ちました。
この2文章を自然に発するまで、何十年と要しました。

アメリカでは、自分を表現する楽しさを覚え
それを無邪気に表現できる天真爛漫な女の子。
その楽しい日々は、日本に移動した途端一変しました。

文化の適応に悩まされ、何かが違う体験ばかり。
そして、いろんな努力をしてみました。

しかしながら、物を言えば怒られ、
自分らしさをどんどん失っていきました。
人に合わせることで必死でした。

そして、日常生活がしっくりいかないな~、
と感じていた子ども時代でした。

高校時代、大学時代。就職、結婚。
人は、大きくなって成長するにしたがい、
誰しも人生の選択に迫られます。
岐路に立たせられると、何がしたいのか分からない。

目の前にあることは、何でもチャレンジしているのに、
「結果に結びつかない」という空虚感だけが浮き彫りになっていきました。
何がしたいのか分からくなっていきました。

2.大切な人を亡くして、向き合う時間

そんな時、兄の死と直面したことにより、
 “生きるとは、何か?”
 “人の強さとは、何か?”
という命題にぶち当たりました。

心理学を勉強することで、自分がずっと抱えていた
「繋がらない感覚」を研究していったのです。

人の強さには“家族の絆”も大事な要素を占めるという
とてもシンプルな答えを体感しました。

3.家族という居場所

人は、家族の中で生きて、子ども時代を学ぶ。

それを軸に人生を楽しむ。

この明快なロジックは、
子育てで必要な自分の氣もちも
分かるようになりました。

それ以後、氣もちや感情を扱うことの
大切さを学べる子育て講座
「ACTすこやか子育て講座」に出逢い、講座を実践。

子育て講座では60%の方が、
自分の氣もちに気付き「涙」をされます。
感情と向き合う素晴らしさがそこにはあります。

子育てをする方々が、
自分の「感情」を理解することで、
自分に自信がもてるようになるのです。

「家族の絆を強くすること」
「自分の感情と上手く付き合えること」

この2つは、人生をよりよく、より楽しく歩んでいくために、
誰にとっても必要なエッセンスです。

4.自分と家族を主体に行動する

◆人生は自分を好きになることで拡がっていく

◆子育てする自分が更に楽になる

家族で生きることが楽しいと感じる

 

育ちネット多文化CROSSのACT講座

家族がいる。自分が確かにいる。
自分がいて、家族が成り立つ。

自分らしさと家族関係にモヤモヤ感を感じている方や
交通整理が必要と感じられる方に、
心理学のエッセンスが役に立つと思います。

カウンセリングなど必要なプログラムを体験ください★

【お問い合わせ】
info@crossactnet.com

++++++++++++++++++++++++++++
一般社団法人 育ちネット多文化CROSS
代表/ 初田美紀子

資格:公認心理師、臨床心理士
プロフィール
父親の海外赴任より幼少期(5-8歳)時代、米NYで育つ。
アジア人意識を強く根づかせたNY生活より、大学では中国語専攻。中国安徽省短期留学。
大卒後、自動車会社やコンサルタント会社に勤務。
産業カウンセリングに出逢い、臨床心理学に学ぶ。大学院臨床心理学修士課程修了。
行政機関で家族支援を経験して、現在は一般社団法人育ちネット多文化CROSSで
主に家族支援、TCK(帰国子女)サポートを手掛けている。
精神科クリニックにおいても臨床活動継続中。3人娘の子育て奮闘中

www.crossactnet.com

一般社団法人育ちネット多文化cross | Facebook